月別アーカイブ: 2015年4月

過払い金の履歴

「過払い金請求をしたいけれど、かなり前の借入だから契約書などが残っていない」という方もいると思います。

「書類がないと、請求出来ないのだろうか?」と思っている方もいるでしょう。

では、過払い金の履歴について、ご紹介しましょう。

一般的には、請求時に契約書などの書類がなくても、請求することが出来ます。

利用している業者が分かっていれば、その業者から取引履歴などを確認することが出来ます。

請求時には、弁護士などに相談する方が多いと思いますが、弁護士は利用業者に連絡をとり、取引履歴を開示してもらうことになり、どういった取引が行われたかを知ることが出来ます。

ということは、過去に借入利用をし、完済している方で、「もう、書類は手元に残っていない」という方も、過払金があるかどうかを確認してもらうことが出来るということ。

完済してしまうと、書類などは破棄してしまう方も多いと思いますが、書類がなくても手続きは進められるということ。

しかし、弁護士などに過払い金請求を依頼すると、弁護士費用が発生することになります。

この費用と戻ってくるお金を考えると、「請求しても、マイナスになってしまう」、「戻ったお金は、全て弁護士費用で消えてしまう」というケースもありますから、これらも考慮した上で、弁護士に依頼するかどうかを考えていくことが必要となるでしょう。

このように、過払金請求の手続きを行う際には、書類などが残っていなくても手続きは可能となります。