月別アーカイブ: 2015年10月

過払い金の税金

「過払い金を請求したい」と考えている方の中には、「かなりのお金が、戻ってくるはず」と思っている方もいると思います。

高額借入を利用していた方の中には、金利だけでもかなり大きな費用となっていたでしょうから、大きなお金が戻ってくる可能性が高い方も多いでしょう。しかし、こういったお金が戻ってくるとなると、「過払い金請求により戻ってきたお金には、税金はかかるのだろうか?」と思われる方もいると思います。

では、過払金の税金について、ご紹介しましょう。

まず、税金がかかるかどうかは、返還を受けた方が、利息を必要経費として確定申告を行っていたかどうかによって、変わってきます。一般的には、会社勤めをしている方が多いでしょうから、そういった方は確定申告などは行っていないでしょう。

そのため、お金が戻ってきた際にも税金がかかることはありません。しかし、個人経営などで確定申告を行っており、必要経費として計上していた方の場合には、税金がかかることになります。

税金がかかる際には、利息は税金計算により収入に含められることになりますので注意が必要。

ということは、過払い金請求をして、お金が戻ってきた方は、確定申告をしていたかどうかによって、税金が課せられるかどうかが変わってくるということ。

個人経営の方は、借入時に経費として申告していた方が多いでしょうから、そういった方は戻ってきたお金に関しても申告し、税金を支払うことが必要となります。